トップ > 暮らし > 日本の電圧とコンセント

日本の電圧とコンセント

日本が一番電磁波の強い国!?
▼各国の電圧と周波数
国名電圧周波数
アメリカ120V60Hz
カナダ120V/240V60Hz
ドイツ127V/230V50Hz
スウェーデン220V50Hz
イギリス230V/240V50Hz
オランダ230V50Hz
中国110V/220V50Hz
オーストラリア240V50Hz
日本100V/200V50Hz

先進国の中でも日本が一番電磁波の強い国であることをご存知ですか?実は、発電所から供給されている電力に大きな原因があるのです。

日本の家電製品には消費電力(※1)の表示が義務付けられていますが、その大きさによって電磁波の大きさも変わってきます。

たとえば、海外と同じ1000W(ワット)の消費電力の家電製品を使用した場合、海外は200V(ボルト)で5A(アンペア)の電流が必要となり、日本は100Vですから倍の10Aが必要となります。つまり、磁場は電流(アンペア)に比例するため、磁場は海外より日本が強くなるのです。

電場については、電圧に比例するため、日本より海外のほうが強くなります。しかし、海外はコンセントでアースがとられていますから、200Vでアースがとられているものと、100Vでアースがとられていない環境では、圧倒的に日本の方が電磁波の影響が大きいわけです。

(※1)電気器具を動かすときに使われる電力のことで、単位はW(ワット)です。電力の大きさは電流と電圧の積(せき)で表されます。電力(W)=電流(A)×電圧(V)。

欧米と日本の違い

欧米と日本では電気の規格や基準が違うため、これだけの差があります。

日本のコンセントはアースができない!?
発生している「電場」を抑えるのは簡単で、アース(接地)をすれば良いのです。しかし日本の住宅にはアース端子つきのコンセントがほとんど設置されていないため、実際はアースをすることができないのが現状です。

日本と欧米の違い

ポイント
ポイント 内線規程が2005年10月に、大幅改訂され、配線器具(コンセントの接地極付化)が義務づけられました。
これによって、安全水準の向上が求められています。

アースの必要性はこちら

ツイッター

電磁波測定実績 累計2000件
電磁波測定士 総数530人
オールアース住宅施工 累計1200棟

2013年6月現在


朝倉cafe

ecore

オールアース住宅

パッシブ・アトリエ

電磁波、オールアース住宅のレジナライフ:オールアース住宅

電磁波測定士協会

つっちーの今日はどげんね!

くのっぴぃの天然日記

しまぽんの本日もお疲れ様でした

まっちゃんのありがとうございます!!

日本バウビオロギー研究会


レジナの電磁波抑制製品の情報サイト、製品の販売。


ポレポレクリニックは、仕事も、育児も、家事も、趣味も、もっとゆっくり、楽しめるよう応援!

みんなで止めよう温暖化